僧侶と交わる色欲の夜に…

僧侶と交わる色欲の夜に…

初恋の人が来ると聞いている同窓会を死ぬほど楽しみにしていた女の子の一つのストーリーである。

 

あっ!九条きたぞ!

 

その一言に自分の神経が研ぎ澄まされた。
そして注目を集める視線の先に初恋の相手である九条くんがいた。

 

やっぱりカッコイイ!

 

ただ直感がそう感じた。
でも、学校の時に同じクラスになったことは残念ながらなく美化委員というワックスがけの時しか機能しないしょうもない委員を何故か3年間選び続けて一緒だった。誰もいない教室でただ2人で頑張ってワックスがけをしたあの日を忘れもしない。

 

そんな中、同窓会に来ているメンバーの一人が九条くんの被っていた帽子を取り上げた。
すると、そこには髪の毛がないツルツルした頭が映りこんでいた。

 

そう、彼の実家は寺院をやっており九条くんも僧侶になる為に今は神道学科のある大学へ通っているんだとか…。

 

ツルツルの頭だけど、カッコイイのは変わりない。
ただし、問題がここで発生した。

 

僧侶になるって事は一生、恋愛をしないのかな?
そんな不安が頭の中をよぎり、久しぶりの再会での恋愛発展はもはや絶望的。

 

儚くも崩れ去った願望の中、美桜は普段よりお酒を飲み過ぎてしまう。

 

同窓かも無事(?)に終わった帰り道、あまりにも飲み過ぎてまともに歩く事もできなくなった美桜。
転びそうになった時、誰かが腕を掴んで支えてくれる。

 

何と、九条くん!

 

一体、どうして?
もはや一人で帰れる状況じゃないので仕方なく家まで送ってもらう事に。

 

そこで、2人は…

 

各話

第1話:あの娘の抱き心地を知った興奮の夜。
第2話:無防備なカラダを1人占め…ナマの感触に酔いしれた夜。
第3話:彼女のナカに擦り付けた甘い夜。
第4話:いちばん奥に注ぎ込んだ濃密な夜。
第5話:何度も何度も彼女をイかせた夜。
第6話:恋人のように、ねっとり交わった夜。
第7話:すご…もう挿入っちゃうよ?
第8話:後ろから突かれるの…気持ちイイ?
第9話:乳首とアソコ、一緒にいじめてあげる

 

僧侶と交わる色欲の夜に…を読んでみて

初恋の相手がまさかの僧侶になると聞いて、そりゃあショックになりますよね。私もきっと同じ気持ちになると思います。普段飲めないテキーラとかも飲めちゃいそうです(笑)でも、美桜もちょっと鈍感なところがありますよね。何故、九条くんはクラスメイトから不人気であった美化委員を3年間選び続けてきたのか。それは美桜がいるからに決まっていますよね。美桜はきっと片想いと思っていると思いますが実は両想いだったはずです。でも、お互い勇気が出せずに卒業してしまい、それっきり。久しぶりの再会で僧侶になる事を聞いて一生独身かと勘違い。でも、そこから急接近。まあ後は実際に読んでみればあっという間にたくさん読んでしまうと思います(笑)

 

僧侶は一生独身じゃないといけないの?

確かに昔は、欲というものを捨て祈りに自分の身を捧げるような形だったようですが、現代ではそういう事はなく恋愛もしても平気だし、結婚して子供を作って一般的な家族としてやっていく事に何の問題もないそうです。そして、寺院というのは税収がないので、つまり非課税でお金が沢山入ってくるのです。よってお金持ちに必然となるのです。常にお墓の隣で過ごさないといけないのですが、それ以外は広くてキレイな部屋と高級車を乗り回して生活ができるという素晴らしい職業になるのです。奥さんになれば、その財と共に生活はできますが、その分寺院の仕事も沢山あったりと非常に大変な部分もあります。

その他のお薦めコミック

作者煙ハク 姉のカラダに興味津々な弟くんです。
主なストーリーは下記の通りです。
私には2歳年下の弟がいます。気が優しくて穏やかというよりはぼーっとしていて何を考えているかわからないようなタイプのため、今まで喧嘩をした記憶はほとんどありません。だからと言って特別仲が良いというわけではありませんが・・・。私は高校を卒業して家を出たため、10年以上は一緒に暮らしていないし、普段連絡を取ることもないので今何をしているのかもよくわかりません。
弟には1歳年下の彼女がいます。職場の後輩らしいですが、私は今まで会ったことも話したこともありませんでした。先日実家に帰省した際に、ちょうど実家に遊びに来ていた彼女と鉢合わせしました。実家には小さい子供がいるのですが、彼女は小さい子と遊んでばかりでこちらに目を向けようともしませんでした。
「初めて会う彼氏の姉にあいさつもないのか!」と正直憤りを感じましたが、そもそもは彼女があいさつをするというよりは弟が私に紹介するのが筋だと思います。
私が直接自分から話しかければよいのでしょうが、彼女の名前すら知らないので会話の糸口をつかめず、その場では何も話すことなく終わりました。
その後弟と話す機会もなかったため、この件は何事もなく終わりましたが私はまだ少しモヤモヤしています。彼女に対してではなく気の利かない弟に対してですが。(笑)
今後はもう少し周りに気を遣えるような器の大きな男になれるように微力ながら手を貸していきたいと思っています。